外為 | 2019年03月19日 15:09 JST

〔東京外為〕ドル円、111円台前半=株価の下げ幅縮小で小戻す(19日午後3時)

 19日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日経平均株価の下げ幅縮小などを受けて、1ドル=111円前半に小戻している。午後3時現在、111円27~27銭と前日(午後5時、111円48~48銭)比21銭のドル安・円高。  ドル円は早朝、111円30~40銭台で推移。午前9時以降、軟調な日経平均株価に歩調を合わせ111円20銭台に弱含んだ。その後は、実需筋のドル買い・円売りに支援され111円30銭台に浮上する場面もみられたが買いは続かず、正午にかけては111円10銭台まで軟化。午後は日経平均が下げ幅を縮小する中、ドルは下値では「押し目買いが入りやすい」(外為仲介業者)とされ、111円30銭近辺に切り返している。  市場では「FOMCのハト派化への思惑から持ち高調整のドル売りがでている」(FX会社)との見方が強い。また「英国の欧州連合(EU)離脱問題に対する先行き不透明感も高まっており、リスク回避ムードがドル円を下押している」(先の外為仲介業者)との声も聞かれている。終盤は、目先の材料に欠ける中、レンジ内での動きにとどまりそうだ。  ユーロは正午と比べて、対円で小幅高、対ドルでは横ばい。午後3時現在、1ユーロ=126円22~23銭(前日午後5時、126円51~52銭)、対ドルは1.1343~1343ドル(同1.1349~1349ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 -0.01
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +0.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0