外為 | 2019年03月20日 22:04 JST

〔NY外為〕円、111円台半ば(20日朝)

【ニューヨーク時事】20日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策会合の結果を見極めたいとの思惑が広がる中、1ドル=111円台半ばで小動きに推移している。午前8時45分現在は111円40~50銭と、前日午後5時(111円38~48銭)比02銭の円安・ドル高。  市場ではこの日午後に発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)声明やパウエルFRB議長の会見内容を見極めたいとの思惑が根強い。朝方は米経済指標の発表もなく、新規材料難も重なり、一段と狭いレンジ内での商いとなっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1360~1370ドル(前日午後5時は1.1346~1356ドル)、対円では同126円65~75銭(同126円43~53銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.76 +0.24
NYMEX金先物 4月限 1272.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 886.8 +7.4
NYMEXガソリン 4月限 2.0418 +0.0282
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 879 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.7 +3.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0