外為 | 2019年04月15日 22:24 JST

〔NY外為〕円、112円台前半(15日朝)

 【ニューヨーク時事】週明け15日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で小動きに推移している。午前8時50分現在は112円00~10銭と、前週末午後5時(111円96銭~112円06銭)比04銭の円安・ドル高。  ニューヨーク連邦準備銀行が朝方発表した4月のニューヨーク州製造業景況指数は10.1と3月の3.7から改善し、市場予想(ロイター通信調べ)の6.7も上回った。これを受けて米景気の先行きに対する過度の懸念が後退、一時的に円安・ドル高に振れたが、ドル買いの勢いは限定的となっている。  一方、米シカゴ連銀のエバンズ総裁はこの日朝方にCNBCとのインタビューで、健全なインフレ率を確保するために2020年秋まで政策金利を据え置くことは可能との見方などを示したが、特に材料視されなかった。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1310~1320ドル(前週末午後5時は1.1295~1305ドル)、対円では同126円70~80銭(同126円50~60銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.49
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0469
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0