外為 | 2019年04月16日 09:01 JST

〔東京外為〕ドル円、111円台後半=新規材料待ちで小動き(16日午前9時)

 16日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、新規材料待ちとなる中、1ドル=111円台後半で小動きとなっている。午前9時現在、111円94~95銭と前日(午後5時現在、111円91~91銭)比03銭の小幅ドル高・円安。  前日の海外市場では、欧州時間の序盤に111円90銭前後に軟化する場面もあったが、その後は米国時間も含めて112円前後でのもみ合いに終始した。米株安・債券高となったが、株・債券とも小幅な値動きにとどまり、ドル円への影響は軽微だった。4月のニューヨーク州製造業景況指数は強めだったが、材料視されず。東京時間の早朝は111円95~112円00銭前後で推移している。  市場ではワシントンで始まった日米貿易交渉の行方が注目されている。同交渉は初日の会合が終わったが、茂木経済再生相は為替条項や自動車数量制限などの要求の有無を問われ、「個別の内容は明日説明する」と述べるにとどめた。市場では「具体的な内容が判明するまではドル円は手掛かりを欠いた状態が続く」(大手邦銀)とみられている。  ユーロも対円、対ドルとも小動きとなっている。午前9時現在、1ユーロ=126円55~55銭(前日午後5時、126円63~68銭)、対ドルでは1.1304~1304ドル(同1.1316~1316ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.55
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0482
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0