外為 | 2019年04月16日 15:10 JST

〔東京外為〕ドル、111円台後半=手掛かり難で様子見(16日午後3時)

 16日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、新規材料難から様子見ムードが広がり、1ドル=111円台後半で小幅な値動きが続いている。午後3時現在、111円92~93銭と前日(午後5時、111円91~91銭)比01銭のドル高・円安。  反落して始まった日経平均株価が切り返したことからドル買い・円売りが強まり、午前には一時112円05銭近辺まで上昇した。ただ、日米貿易交渉の動向が気掛かりなため「積極的にドルを買う動きはない」(運用会社)とみられ、その後は111円90銭台でもみ合っている。米財務省による半期為替報告書の提出が近いと思われることもあり、市場では「円安けん制への警戒感を通じて、ドルの上値を圧迫する要因となっている」(銀行系証券)との指摘が聞かれた。  市場関係者は「日米貿易交渉に関する続報待ちで、ドル円は方向感が出ていない」(邦銀筋)と話しており、終盤も111円台後半でもみ合う展開が続きそうだ。  ユーロは正午に比べ、対円、対ドルで小動き。午後3時現在、1ユーロ=126円52~53銭(前日午後5時、126円63~68銭)、対ドルでは1.1304~1304ドル(同1.1316~1316ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.51
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.2
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0443
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0