外為 | 2019年04月18日 06:22 JST

〔NY外為〕円、112円近辺(17日)

 【ニューヨーク時事】17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、前週末からのこう着商状が続き、1ドル=112円近辺で小動きに推移した。午後5時現在は112円01~11銭と、前日同時刻(111円96銭~112円06銭)比05銭の円安・ドル高。  中国国家統計局がこの日発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP)は、実質ベースで前年同期比6.4%増加。これは前期と同水準で、4四半期ぶりに成長減速に歯止めがかかった。また、3月の同国鉱工業生産、小売売上高もそれぞれ8%台の高い伸びを示し、海外市場では円を売ってドルを買う動きが優勢となる場面もあったものの、反応は一時的だった。  ニューヨーク市場の朝方に発表された2月の米貿易統計では、モノの取引に限った対日貿易赤字は前年同月比7.9%増となったほか、国際収支ベースで見たモノとサービスを合わせた貿易赤字が8カ月ぶりの規模に縮小したことなどが明らかになったが、相場はほとんど反応しなかった。午後に入り、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した全国12地区の連銀景況報告(ベージュブック)は、3月から4月上旬の景気が「わずかから緩やか」に拡大し、一部の地区では経済活動が強くなっていると指摘。これを受け、相場は小幅に円安・ドル高方向に振れたが、引き続きレンジ内取引にとどまり、終日の値幅は19銭だった。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1287~1297ドル(前日午後5時は1.1275~1285ドル)、対円では同126円52~62銭(同126円31~41銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.1 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0