外為 | 2019年04月19日 22:24 JST

〔NY外為〕円、111円台後半(19日朝)

 【ニューヨーク時事】週末19日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、新規の手掛かり材料難の中、1ドル=111円台後半で小動きとなっている。午前9時05分現在は111円90銭~112円00銭と、前日午後5時(111円97銭~112円07銭)比07銭の円高・ドル安。  海外市場では、日銀による国債買い入れオペの減額を受けて日米金利差の縮小が意識されたため、円が若干買われた。この流れを引き続き、ニューヨーク市場は111円92銭で取引をスタート。この日はグッドフライデー(聖金曜日)に伴い外為を除くすべての市場が休場となる中、市場参加者は極めて少なく、閑散商いになると予想されている。  米商務省が朝方発表した3月の住宅着工件数は、季節調整後の年換算で前月比0.3%減の113万9000戸と、2カ月連続でマイナス。件数は市場予想(ロイター通信調べ、中央値)の123万戸も下回ったが、材料視されなかったもよう。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1240~1250ドル(前日午後5時は1.1228~1238ドル)、対円では同125円80~90銭(同125円67~77銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.87 -0.16
NYMEX金先物 5月限 1285 -5
NYMEXプラチナ先物 6月限 832.6 -14.3
NYMEXガソリン 5月限 2.0618 -0.0189
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 379 +3.75
シカゴ大豆 ・・・ 839.75 -19
シカゴコーヒー ・・・ 88.05 -1.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0