外為 | 2019年04月22日 08:21 JST

〔外為・今日の材料〕ドル円、111円台後半=動意薄の展開(22日)

 22日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、オーストラリアなど海外市場がイースター(復活祭)休暇で参加者が少ないため、1ドル=111円台後半を中心に動意薄の展開が想定される。予想レンジは111円70銭~112円20銭。  前週末の海外時間は、グッド・フライデーで欧米の多くが休日だったことを背景に、主に111円90銭台でこう着商状となった。米国時間の終盤、スリランカでのテロ事件が伝えられると若干リスクオフに傾斜し、一時、111円80銭台に軟化。週明け東京時間の早朝は111円90銭台に浮上して推移している。  オーストラリアや香港などが休場で、オセアニア・アジア時間は薄商いとなる見通し。日本でも大型連休を控えているため、「東京でも積極的な取引は手控えられるのではないか」(FX会社)とみられる。前週に引き続き「112円台に入ると、利益確定や国内輸出企業の売りが出やすい」(大手証券)とされる一方、「国内輸入企業の買いで下値も堅い」(大手邦銀)として全般はレンジ相場にとどまりそうだ。  このほか、米中通商交渉や英国の欧州連合(EU)離脱問題などをめぐる先行き不透明感が「ドル円の上値を重くしている」(前出のFX会社)との声も聞かれたが、目先はこれらの材料が手掛かりになる可能性は低いとみられる。  本日の東京時間の予定は特にない。休場は豪州、香港、NZ、英国、独など。米国時間は3月の米中古住宅販売件数が予定される。そのほか、安倍首相の欧米6カ国歴訪が22~29日の日程で行われる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.71
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0176
WTI ・・・ 55.05 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.15 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0