外為 | 2019年04月24日 09:07 JST

〔東京外為〕ドル、111円台後半=イベント控えて小動き(24日午前9時)

 24日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、あすからの重要イベントを控え、1ドル=111円台後半で小動きとなっている。午前9時現在、1ドル=111円88~88銭と前日(午後5時、111円85~85銭)比03銭の小幅ドル高・円安。  前日の海外市場では、23日に再開された英国の欧州連合(EU)離脱に関する与野党協議につき、メイ英首相報道官が「首相は真剣だが、一部の議題で困難に直面していると閣僚らに伝えた」と述べたなどと報じられたことから、ポンドが売られ、ユーロも連動して下落した。ユーロに対してドルが買われたことを映してドル円もやや買いが先行。一時112円03銭前後まで上昇した。また、米国株価が堅調に推移したこともドル円をサポートした。  ただ、上値では戻り待ちの売りなどもあり111円90銭台でもみ合い展開が続いた。東京時間では、ややドル買いが一服し、111円80銭台で推移している。  米株高を背景に日経平均株価も続伸して始まり、市場では「ドル買いにつながる支援要因」(邦銀筋)とされ、リスクオンに対する期待感は高まりつつある。ただ、本日から日銀の金融政策決定会合が開かれるほか、週末にかけては日米財務相会談や日米首脳会談の開催、26日には1~3月期の米GDP速報値の発表が予定される。このため、「重要イベントを控えて積極的に売り買いを仕掛けづらい」(運用会社)とされる。  ユーロは対円、対ドルで下落。午前9時現在、1ユーロ=125円57~58銭(前日午後5時、125円78~78銭)、対ドルでは1.1223~1224ドル(同1.1245~1245ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.76 +0.59
NYMEX金先物 6月限 1275.7 -0.3
NYMEXプラチナ先物 7月限 820.3 +3.7
NYMEXガソリン 5月限 2.0473 +0.0062
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 383.25 +6
シカゴ大豆 ・・・ 821.75 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 87.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0