外為 | 2019年05月13日 22:05 JST

〔NY外為〕円、109円台前半(13日朝)

【ニューヨーク時事】週明け13日午前のニューヨーク外国為替市場では、中国が米国の制裁関税拡大に対して報復措置を実施すると発表したことを受け、安全資産としての円買いが進み、円相場は1ドル=109円台前半に上伸している。午前8時50分現在は109円10~20銭と、前週末午後5時(109円90銭~110円00銭)比80銭の円高・ドル安。  中国政府は米東部時間13日朝、米国の制裁関税拡大に対する報復措置を6月1日に実施すると発表した。これを受けて、貿易戦争が激化するのではないかとの見方が広がり、投資家のリスク回避姿勢が台頭。米長期金利の低下も重なり、安全資産とされる円は急速に買い進まれた。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1255~1265ドル(前週末午後5時は1.1231~1241ドル)、対円では同122円85~95銭(同123円46~56銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.44
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -1.9
NYMEXプラチナ先物 6月限 813 +0.4
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.014
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +6.75
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +7.75
シカゴコーヒー ・・・ 88.95 -0.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0