外為 | 2019年05月16日 12:10 JST

〔東京外為〕ドル、109円台半ば=売り一巡後は下げ渋る(16日正午)

 16日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、売り一巡後、1ドル=109円台半ばで下げ渋っている。正午現在、1ドル=109円47~48銭と前日(午後5時、109円51~51銭)比04銭の小幅ドル安・円高。  ドル円は早朝、109円50銭台で推移した後、弱含んだ。午前9時前後から、トランプ米大統領が中国・華為技術(ファーウェイ)を念頭に置いた一部外国製通信機器などの使用を禁じる大統領令に署名したとの報道を受けて、109円30銭台に軟化。正午にかけて売りは一巡した後は、「方向感を左右する材料がない」(大手邦銀)ことから109円40銭台でもみ合いとなっている。  前日の海外市場では、米国の輸入自動車の関税引き上げ延期やムニューシン米財務長官が訪中の可能性を示したとの報道が好感されたものの、「米中の小売売上高などの指標やファーウェイ締め出しが嫌気され、悪材料が好材料を上回っている」(外為仲介業者)との声が聞かれた。「今後も米国の大統領令関連のヘッドラインで値が動く。中国が報復すれば、リスク回避ムードとなる」(先の大手邦銀)との指摘があった。  ユーロは朝方に比べ、対円、対ドルともほぼ横ばい。正午現在、1ユーロ=122円70~71銭(前日午後5時、122円78~79銭)、対ドルでは1.1207~1208ドル(同1.1213~1213ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.44
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -1.7
NYMEXプラチナ先物 6月限 813 +0.4
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.0147
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +6
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +6.75
シカゴコーヒー ・・・ 88.95 -0.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0