外為 | 2019年05月16日 22:22 JST

〔NY外為〕円、109円台後半(16日朝)

【ニューヨーク時事】16日午前のニューヨーク外国為替市場では、堅調な米経済指標を受けてドルが買われ、円相場は1ドル=109円台後半に軟化している。午前8時55分現在は109円70~80銭と、前日午後5時(109円54~64銭)比16銭の円安・ドル高。  米商務省が朝方発表した4月の住宅着工件数は、前月比5.7%増の123万5000戸、先行指標である住宅着工許可件数は0.6%の増の129万6000戸と、いずれも市場予想を上回った。また、米労働省が発表した11日までの1週間の新規失業保険申請は、前週比1万6000件減少の21万2000件となり、予想を下回る良好な内容だった。これを受けて、米景気の先行きに対する過度の懸念が後退し、ドル買いが優勢となっている。欧州株が全面高となっていることもリスク選好のドル買い材料。  ただ、米中貿易交渉の行方に期待と不安が入り混じる中、安全資産とされる円を買う動きも根強く、円は109円台後半で下げ渋っている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1185~1195ドル(前日午後5時は1.1195~1205ドル)、対円では同122円75~85銭(同122円70~80銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.44
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -2
NYMEXプラチナ先物 6月限 813 +0.4
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.0138
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +6.75
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +8.25
シカゴコーヒー ・・・ 89 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0