外為 | 2019年05月18日 00:26 JST

〔ロンドン外為〕円、110円近辺(17日)

 【ロンドン時事】週末17日のロンドン外国為替市場の円相場は行ってこい。いったん1ドル=109円50銭台に上昇後、ドル買いに押されて110円近辺に戻した。午後4時現在は109円90銭~110円00銭と、前日同時刻(109円90銭~110円00銭)比変わらず。  午前の円は109円60~70銭台で方向感なく推移。午後に入ると一時同50銭に強含む場面もあった。しかし、米ミシガン大学が発表した5月の消費者景況感指数が市場予想を上回ると、米長期金利が上昇。これを眺めてドル買いが加速し、円は110円00銭まで水準を切り下げた。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1155~1165ドル(1.1175~1185ドル)と2週間ぶり安値圏。対円では同122円70~80銭(122円85~95銭)。  ポンドは1ポンド=1.2730~2740ドル(1.2785~2795ドル)。一時1.2732ドルと、1月中旬以来4カ月ぶり安値を付けた。対円でも一時同139円57銭近辺と、4カ月ぶり安値圏。  メイ英首相が7月までに退陣する可能性が高まり、有力な後任候補として欧州連合(EU)強硬離脱派のジョンソン前外相が取り沙汰されていることで、先行き不透明感が強まっている。また、政府・与党と最大野党・労働党による混迷打開に向けた協議が決裂。6月5日にも行われる離脱案の議会採決が否決に終わる公算が大きくなった。  このほか、スイス・フランは1ドル=1.0110~0120フラン(1.0090~0100フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.13 +0.72
NYMEX金先物 9月限 1498.4 +4.6
NYMEXプラチナ先物 10月限 942.4 +1.4
NYMEXガソリン 9月限 1.7007 -0.0004
WTI ・・・ 58.14 +0
シカゴコーン ・・・ 372.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 893 -5.5
シカゴコーヒー ・・・ 98.3 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0