外為 | 2019年06月12日 22:12 JST

〔NY外為〕円、108円台前半(12日朝)

 【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米消費者物価指数(CPI)が市場予想とほぼ一致したことを受け、1ドル=108円台前半で小動きとなっている。午前9時現在は108円35~45銭と、前日午後5時(108円47~57銭)比12銭の円高・ドル安。  日経平均や欧州の株価下落を手掛かりに、海外市場では円買い・ドル売りが進み、円相場は一時108円20銭付近まで上昇。しかし、その後は持ち高調整の売りに押され、同35銭でニューヨーク市場の取引を開始した。  米労働省が早朝に発表した5月の消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比0.1%上昇し、市場予想と一致。ただ、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数が市場予想の0.2%上昇に対して0.1%上昇にとどまったため、いったんドルが売られたが、その後は買い戻され、相場の反応は限定的だった。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1315~1325ドル(前日午後5時は1.1320~1330ドル)、対円では同122円65~75銭(同122円86~96銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.68 +0.19
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0
NYMEXプラチナ先物 9月限 855.6 -1.2
NYMEXガソリン 8月限 1.6938 +0.0011
WTI ・・・ 55.6 +0
シカゴコーン ・・・ 362.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 860.5 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 92.25 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0