外為 | 2019年07月16日 06:14 JST

〔NY外為〕円小動き、107円台後半(15日)

 【ニューヨーク時事】週明け15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、薄商いの中、1ドル=107円台後半で小幅な値動きだった。午前5時現在は107円86~96銭と、前週末同時刻(107円85~95銭)比01銭の円安・ドル高。  ニューヨーク市場は107円95銭で取引を開始。東京市場が祝日に伴う休場で、持ち高調整が中心の取引となった。ニューヨーク連邦準備銀行が発表した7月のニューヨーク州製造業景況指数は4.3と、6月のマイナス8.6から改善し、市場予想(ロイター通信調べ)の2.0も上回ったが、市場への反応は限定的だった。  来週には欧州中央銀行(ECB)の定例理事会や2019年4~6月期の米国内総生産(GDP)速報値の発表、月末には日銀の金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントを控えていることも、様子見ムードの要因。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1253~1263ドル(前週末午後5時は1.1266~1276ドル)、対円では同121円41~51銭(同121円53~63銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.17 +0.5
NYMEX金先物 8月限 1526.6 -2.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 855.3 +10
NYMEXガソリン 8月限 1.6428 +0.0176
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 359.75 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 843.25 +10.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0