外為 | 2019年07月16日 20:06 JST

〔ロンドン外為〕円、108円近辺(16日正午)

 【ロンドン時事】16日午前のロンドン外国為替市場で、円相場は手掛かり材料難の中で方向感を欠き、1ドル=108円近辺で推移した。正午現在は107円90銭~108円00銭と、前日午後4時(107円95銭~108円05銭)に比べ05銭の円高・ドル安。  対ユーロは、1ユーロ=121円10~20銭(前日午後4時は121円55~65銭)で、45銭の円高・ユーロ安。  円相場は手掛かり材料に乏しい中、108円を挟んだ水準での小動きとなった。利下げが確実視される月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)をにらみ、「しばらくは動きづらい」(邦銀筋)展開が続いている。  ユーロやポンドなどの欧州通貨は軟調に推移。ユーロは対ドルでじり安となった。16日朝に発表されたドイツ欧州経済調査研究所(ZEW)の景気期待指数がさえない内容で、売りが先行。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1220~1230ドル(1.1255~1265ドル)。  一方、ポンドは英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」の可能性が高まっており、1月初旬以来、約半年ぶりの安値を更新している。1ポンド=1.2415~2425ドル(1.2510~2520ドル)。  スイス・フランは1ドル=0.9855~9865フラン(0.9840~9850フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.17 +0.41
NYMEX金先物 8月限 1526.6 -2.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 855.3 +9.8
NYMEXガソリン 8月限 1.6428 +0.0167
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 359.75 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 843.25 +10.25
シカゴコーヒー ・・・ 92.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0