外為 | 2019年07月22日 12:06 JST

〔東京外為〕ドル、107円台後半=仲値に向けて買い戻し(22日正午)

 22日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米利下げ幅が大幅になるとの観測が落ち着いたことを受けて、1ドル=107円台後半で上昇した。正午現在は107円94~94銭と前週末(午後5時、107円64~64銭)比30銭のドル高・円安。  前週末の海外時間は、月末のFOMCでの利下げ幅が0.50%になるという観測が薄れて0.25%になるとの見方が支配的になったことから、ドル円は堅調となり、108円付近に上昇した。東京時間の早朝は107円70銭前後でもみ合い、仲値にかけてはドル買いが強まって一時108円を超える場面もあった。「FOMCでの利下げ幅が0.25%に落ち着きそうで、ドルの買い戻しが引き続き入っている」(信託銀行)という。  参院選の影響に関しては、与党が過半数を占めるという事前の予想通りだったことで「影響は限定的と言わざるを得ない」(外為仲介業者)との見方が多い。中には「安倍政権が勝利したということで、今後もアベノミクスを維持、強化していく方向になると思われる。トレンドが変わるほどではないものの、円安方向にバイアスがかかるだろう」(同)との声も聞かれた。  ユーロは朝方に比べ、対円で上昇、対ドルで方向感を欠く。正午現在は1ユーロ=121円08~09銭(前週末午後5時、121円25~26銭)、対ドルで1.1217~1217ドル(同1.1264~1264ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.63
NYMEX金先物 8月限 1504.6 -5.8
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0207
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +4.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.75 +1.3
CRB商品指数 ポイント 0 +0