外為 | 2019年09月20日 15:04 JST

〔東京外為〕ドル、107円台後半=株伸び悩み眺め小安い(20日午後3時)

 20日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株価の伸び悩みを眺めて1ドル=107円台後半で小安くなっている。午後3時現在、107円84~84銭と前日(午後5時、108円04~04銭)比20銭のドル安・円高。  ドル円は早朝、108円00銭前後で推移した。午前9時以降、米中貿易交渉への不透明感からわずかに水準を下げ、107円90銭台で推移した。午後もしばらく同水準で取引されたが、日経平均株価が上げ幅を縮小させたことに圧迫され、107円80銭台に小緩んだ。  ドル円は正午に比べて小安くなったが、「107円80銭前後はサポートラインとみられ、さらに下押しする状況でもない」(為替ブローカー)とされる。全般的にも値幅は限られており、市場では「連休を控えて基本的に動きにくい状況が続きそうだ」(大手邦銀)と指摘されている。  ユーロも対円は小安い。対ドルは横ばい圏。午後3時現在、1ユーロ=119円23~24銭(前日末午後5時、119円41~42銭)、対ドルでは1ユーロ=1.1055~1055ドル(同、1.1051~1051ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.78 -0.11
NYMEX金先物 10月限 1488.2 -0.5
NYMEXプラチナ先物 11月限 894 -0.3
NYMEXガソリン 10月限 1.623 -0.0063
WTI ・・・ 53.7 +0
シカゴコーン ・・・ 391 -1
シカゴ大豆 ・・・ 934 +2
シカゴコーヒー ・・・ 95.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0