外為 | 2019年10月10日 20:12 JST

〔ロンドン外為〕円、107円台前半(10日正午)

 【ロンドン時事】10日午前のロンドン外国為替市場では、米中閣僚級貿易協議を控えて様子見気分が広がり、円相場は1ドル=107円台前半で推移した。正午現在は107円35~45銭と、前日午後4時と同じ水準。  対ユーロは、1ユーロ=118円40~50銭(前日午後4時は117円85~95銭)で、55銭の円安・ユーロ高。  円の対ドル相場は狭いレンジ内の動きとなった。10、11両日の米中閣僚級貿易協議を控えて、市場には様子見気分が広がっている。海外市場では一時107円ちょうどに迫る場面もあったが、ロンドン市場では動意を欠いた。  ユーロは対ドル、円ともに堅調。英フィナンシャル・タイムズ紙が欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が債券購入に関する金融政策委員会の勧告に従わなかったと報じ、金融政策をめぐる思惑的な売買などが入った。ただ、フランスの鉱工業生産が市場予想を下回るなどしており、買い上がる動きにはつながっていない。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1020~1030ドル(1.0975~0985ドル)。  ポンドは対ドルでしっかり。1ポンド=1.2240~2250ドル(1.2210~2220ドル)。  スイス・フランは1ドル=0.9920~9930フラン(0.9950~9960フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.58 -0.4
NYMEX金先物 12月限 1463.6 +1
NYMEXプラチナ先物 1月限 917.5 -7.8
NYMEXガソリン 11月限 1.7044 -0.0027
WTI ・・・ 58.31 +0
シカゴコーン ・・・ 368.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 901 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 115.25 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0