穀物市場 | 2015年08月14日 17:12 JST

〔週間見通し〕コーン、戻り歩調も4ドルが限界=岩崎食料・農業研究所・岩崎氏

 ▽岩崎正典・岩崎食料・農業研究所所長=シカゴ・トウモロコシ相場は短期的には、中心限月12月きりが14日の取引で、13日の清算値375.25セントを上回って終了するかがカギとみている。成功すればこの水準を支持線に12日の急落後の戻り歩調が継続する。だが、中国の人民元切り下げなど外部要因を考えると、7月24~27日に空けたチャートの窓の上限402.00セントが戻りの限界か。失敗すれば375.25セントは抵抗線となり、12日の安値357.50セントを目指す展開となるだろう。  当面は、9月の収穫に向け、今後のクロップ・ツアーなどで、12日の需給報告で示された豊作見通しを確認していく流れになる。既に受粉期は終わり、完熟に近づいている。今年は小麦やソルガムなど他の飼料作物全体で、潜在的な需要を超える供給が確保できる見通しなので、いずれレンジを切り下げる。  ただし、安値では実需の買いが着実に入っており、相場を下支えている。継続足で2014年10月に付けた318.25セントまで割り込むとは考えていない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.21 +1.7
NYMEX金先物 11月限 1473.3 -3.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 912.3 +7.7
NYMEXガソリン 11月限 1.6037 +0.0541
WTI ・・・ 54.88 +0
シカゴコーン ・・・ 370 -3.75
シカゴ大豆 ・・・ 911.5 -7
シカゴコーヒー ・・・ 109.75 +7.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0