穀物市場 | 2015年08月28日 13:30 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、365~385セントのレンジ=サンワード・植村氏

 ▽植村和久・サンワード貿易コンシェルジュデスク次長=来週のシカゴ・トウモロコシ相場の中心限月12月きりは、上値の重い中を365.00~385.00セントのレンジでもみ合う展開になると想定している。米農務省の農産物需給報告を(翌週の)11日に控えて、全般的に様子見ムードとなり、方向性が出るような値動きにはつながらないだろう。  米産地での生育は至って順調。ミルク状の穀粒の中身が柔らかい固まりとなるドウステージの終盤を迎えているが、同省が24日発表したクロップ・プログレスによれば、ドウ率(23日現在)は前週比14ポイント上昇し、85%。過去5年平均の81%を上回る内容で、市場では豊作観測が一段と強まっている。また、作柄状況は「優」と「良」の占める割合が前週と変わらずの69%と、前年同期の73%は下回っているものの、昨年に続いて高水準であることが読み取れる。  米農業調査会社プロファーマーが21日、米コーンのイールド(単位面積当たりの収量)と生産高について、8月需給報告の予測を下回る数値を公表したが、積極的に買い進む動きは限られた。  需給環境は緩和の方向に傾いており、シカゴ相場の下向きトレンドに変化はない。仮に365.00セントを下抜けると、2014年10月1日に付けた318.25セントが視野に入ってくる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.09 +1.42
NYMEX金先物 8月限 1286.4 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 979.9 +0.8
NYMEXガソリン 8月限 1.5869 +0.0371
WTI ・・・ 48.54 +0
シカゴコーン ・・・ 350.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 930.25 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 128.4 -0.05
CRB商品指数 ポイント 175.8858 +0