穀物市場 | 2015年09月03日 06:54 JST

〔シカゴ小麦〕反落=テクニカルな売りや輸出需要低迷(2日)

 反落。テクニカル要因の売りが出たほか、他の原産地と比べて高い米国産小麦の輸出需要の低迷に圧迫され、3カ月ぶりの安値近辺で取引された。ドル相場が上昇に転じたことも重しとなった。  12月きりの清算値は7.25セント安の479.00セント。  カンザスシティー商品取引所(KCBT)の硬質赤色冬小麦の9月きりは一時445.50セントと、2007年4月以来の安値を記録。ミネアポリス穀物取引所(MGEX)の春小麦も値を下げた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.33
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +2.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +2.6
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0033
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 123.3 +1.35
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0