穀物市場 | 2015年09月15日 06:58 JST

〔シカゴ小麦〕続伸=テクニカルな買い(14日)

 小麦先物は続伸。2週間半ぶり高値を付け、3%超上昇した。ファンド勢のショートカバーを含むテクニカルな買いが見られた。  12月きりの清算値は16.25セント高の501.25セント。小麦は今月に入り数年ぶり安値に下落した後、過去6営業日中、5営業日で値上がりしている。  米農務省が先週発表した9月需給報告では、2015~16年度の米国産トウモロコシの生産高および期末在庫が下向き改定された。これを受け、トウモロコシ相場が強含んだことに支援される格好となった。  同省がこの日発表した週間輸出検証高(4~10日)によると、米国産小麦の検証高は64万7551トンで、市場予想レンジ(32万5000~47万5000トン)を上回った。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.62 -0.24
NYMEX金先物 2月限 1284 -3.1
NYMEXプラチナ先物 4月限 796.4 +2.3
NYMEXガソリン 1月限 1.3857 -0.0007
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 378.75 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 915 +2
シカゴコーヒー ・・・ 103.4 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0