穀物市場 | 2015年09月16日 06:41 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕7日ぶり小反落=利食い売り(15日)

 7営業日ぶりに小反落。早い段階の取引で1カ月ぶりの高値を付けた後、利食い売りが出た。  中心限月12月きりは、8月11日以来の高値水準となる395セントを付けた後下落し、清算値は3.00セント安の390.50セント。  作柄が横ばいとなったことも重しとなり、一部投資家はトウモロコシを売り、大豆を買っていた。米農務省は14日、トウモロコシの作柄評価を据え置く一方で、大豆の評価を2ポイント引き下げた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 +0.21
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 -1.3
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 +0.0189
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +3
シカゴ大豆 ・・・ 909 -1
シカゴコーヒー ・・・ 104.65 +2.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0