穀物市場 | 2015年11月06日 14:26 JST

〔週間見通し〕コーン、来週はハーベストローのだめ押しか=岡安商事・玉川氏

 ▽玉川博一・岡安商事ネット総合部課長=シカゴ・トウモロコシの中心限月12月きりは、10月後半から380セントを挟んでのもみ合いが続いている。来週は10日発表される11月の米需給報告を控えて動きにくいところだが、ハーベストロー(収穫期の安値)のだめ押しとなる360セント近辺までの下げがあってもおかしくない。  米クロップ・ブログレスが示す収穫ペースは、10月11日時点までは平年から遅れていたが、好天が続いたため、最新の11月1日時点では平年を6ポイント上回る85%となっている。  作柄は全く問題がなく、2014~15年度のような大豊作とはいかないまでも、イールド(エーカー当たり収量)は同年度に次いで史上2番目になることが決定的だ。  インフォーマ・エコノミクスは3日、2015~16年度のイールドを、前月から1.7ブッシェル多い170.1ブッシェルに、生産高を1億5700万ブッシェル多い137億1800万ブッシェルにそれぞれ引き上げている。市場予想もそれにならっており、需給報告では、供給側の各数値が上方修正されるとの見方が強まっている。  為替も10月の連邦公開市場委員会(FOMC)以降、ドル高・ユーロ安基調が強まり、米国産の輸出競争力を弱めている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.04
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +2.9
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0014
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +4.25
シカゴ大豆 ・・・ 909 +6.25
シカゴコーヒー ・・・ 103 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0