穀物市場 | 2015年11月07日 08:07 JST

〔シカゴ大豆〕反発=押し目買い(6日)

 反発。1月きりが約2カ月ぶり安値に落ち込んだことを受け、押し目買いが入った。  1月きりの清算値は3.25セント高の867.25セント。  同限月は週間では約2%安となった。輸出成約高が期待外れの内容だったことや、米農務省が10日発表の需給報告で、生産高予想を引き上げる見通しであることを映した。  ドル高で商品相場全般が圧迫され、上値は抑えられた。10月の米非農業部門就業者数が好調な内容だったことを受け、米国の利上げが12月に行われるとの観測から、ドルは7カ月ぶり高値まで買われた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +4.93
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +3.4
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1377
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0