穀物市場 | 2016年02月12日 09:35 JST

〔関西コメ市況〕B銘柄や雑銘柄を中心に上昇=そろそろ一服との声も(12日)

 スポット市場は、価格の安さからB銘柄や雑銘柄を中心に上昇した。青森まっしぐら、茨城あきたこまち、福島ひとめぼれ、関東雑銘柄がいずれも100円高、福井や滋賀のコシヒカリも値上がりした。  茨城コシと関東雑銘柄(検査米)の価格差は500円程度と、「過去と比較してもかなり接近してきた」(卸売業者)という。末端の精米販売が伸びていないこともあって、関東コシには頭打ち感が出始めており、さらに上値を目指すのは難しい状況。3月決算期末を見据えた売り物が増え始めており、「これまで上昇してきた相場の潮目に変化が出てきた雰囲気がある。そろそろ上げ一服となってもおかしくない」(市場関係者)との声が出ている。  もっとも、飼料用米への転作増などで主食用米の収穫量が少ないだけに、急落する要因も乏しい。関東コシが値下がりしたり、買い希望の多いB銘柄や雑銘柄の価格がもう少し引き上がったりする可能性はあるが、「(関東コシとB銘柄の)価格差がさらに接近すれば、関東コシに値頃感が出て買われるかもしれない。いずれにしても、しばらくは現状水準付近で推移するのではないか」(仲買業者)とみられている。  【堂島大阪コメ標準品銘柄の現物、先物価格】(カッコ内は前週末比、先物は前営業日終値)  滋賀コシ1万3400円(100円高)▽三重コシ1万3000円(変わらず)  大阪当ぎり1万2250円/大阪先ぎり1万2210円(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.33
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +2.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +2.6
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0033
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 123.3 +1.35
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0