穀物市場 | 2016年02月24日 06:46 JST

〔シカゴ小麦〕4日続落=原油安を中心にした資源商品相場に圧迫(23日)

 4営業日続落。原油を中心にした資源商品相場の下落に圧迫され、3月きりは一時447.50セントと、2010年6月以来の安値を付けた。清算値は10.50セント安の448.00セント、5月きりは8.25セント安の455.75セント。  オクラホマ州からテキサス州東部にかけて降雨が予想され、プレーンズ南部の硬質赤色冬小麦の農地で土壌湿度の改善が見込まれることも弱材料だった。  世界期末在庫が過去最高水準にあることや、米国産の輸出需要低迷は引き続き相場の足を引っ張った。  一部では、3月きりは来週、受け渡し通知初日を迎えるため、期先物に対して値下がりする要因になると予想されている。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.78 +0.02
NYMEX金先物 8月限 1276.9 +6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 974.5 +8.8
NYMEXガソリン 8月限 1.5638 +0.0019
WTI ・・・ 46.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 921.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 130.95 +0
CRB商品指数 ポイント 176.3051 +0