穀物市場 | 2016年03月11日 13:52 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、2月の高値までの戻りも=EVO総研・大湖氏

 ▽大湖一樹・エボリューション総研リサーチ部係長=9日発表された3月の米需給報告は、シカゴ・トウモロコシ相場への影響はほとんどなかった。しかし、小麦の期末在庫が市場予想を下回ったため、小麦相場が急伸し、トウモロコシをけん引している。また、ドル高の一服や原油相場の戻りも商品相場全体を支えている。  トウモロコシの中心限月5月きりは、テクニカルでは50日移動平均線を10日に上抜いており、このままで推移すれば大きく売りに傾いているファンドの手じまい買いが本格化する。当面、継続足が2月2日に付けた高値373.75セントまで上昇してもおかしくはない。  ただ、原油が上げ一服し、天候相場入りを控えている現段階では、373.75セントの高値を超えて上昇していくことは難しい。5月きりは当面、現行の350~370セントのレンジで推移するだろう。  月末に発表される米作付け意向面積は、農産物展望会議(アウトルック・フォーラム)で示された9000万エーカーから大きくは修正されず、需給緩和基調は続くとみられている。さらに、輸出の低迷を受けて、四半期在庫が高水準になることが見込まれ、上値は圧迫されそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.63 +1.16
NYMEX金先物 8月限 1426.7 +1.6
NYMEXプラチナ先物 7月限 845.9 +0
NYMEXガソリン 7月限 1.8405 +0.0215
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 430.75 -5.75
シカゴ大豆 ・・・ 901.5 -4.5
シカゴコーヒー ・・・ 107.3 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0