穀物市場 | 2016年09月06日 15:42 JST

〔東京穀物〕コーン、円の軟化受け堅調=一般大豆も高い(6日)

 トウモロコシは堅調。終値は、2017年9月先ぎりが前日比110円高の1万9740円、ほかは40~130円高。日中立ち会いは、円が前日の東京の大引け時に比べて引き緩んだことから、ポジション調整の買いが先行して始まった。その後、現在取引中のシカゴの相場安に一部限月がマイナス圏に沈む場面もあったが、円の軟化を眺めて、全限月がプラス圏で取引を終えた。  一般大豆も総じて高い。薄商いの中、円の下落を映し、17年8月先ぎりが120円高の4万3130円、ほかが変わらず~250円高。10月当ぎりは出合いなし。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.89 +0.49
NYMEX金先物 7月限 1251.7 -4.7
NYMEXプラチナ先物 8月限 928.7 -5.6
NYMEXガソリン 7月限 1.5962 -0.0012
WTI ・・・ 47.76 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 981.5 -5
シカゴコーヒー ・・・ 131.2 +0.6
CRB商品指数 ポイント 177.6663 +0