������������ | 2016年10月13日 06:46 JST

〔シカゴ大豆〕続落=需給報告のイールド引き上げを嫌気(12日)

 続落。この日発表された10月需給報告で米国産大豆イールド(エーカー当たり収量)が過去最高の51.4ブッシェルに上方修正されたのが嫌気された。ただ、市場予想の51.5ブッシェルをわずかに下回った。  11月きりの清算値は8.75セント安の945.50セント。  一部アナリストは、今後の需給報告で米国の大豆イールド・生産高が上方修正されると見込んでいる。  10月需給報告では、米国の2016~17年度の大豆期末在庫見通しが3億9500万ブッシェルと、前月の3億6500万ブッシェルから引き上げられた。  米農務省は11日、米国産大豆の収穫率が44%と、5年平均の47%を下回ったと発表。作柄報告によると、「優・良」の割合は74%と、前週比変わらずだった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 61.68 +0.61
NYMEX金先物 2月限 1353.2 -22.1
NYMEXプラチナ先物 3月限 1010.1 -6.1
NYMEXガソリン 2月限 1.7509 +0.0154
WTI ・・・ 61.87 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 1021.5 +10.5
シカゴコーヒー ・・・ 118.6 +0.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0