穀物市場 | 2016年11月01日 06:58 JST

〔シカゴ小麦〕反発=ショートカバー(31日)

 反発。先週の米商品先物取引委員会(CFTC)の統計を受け、投機筋が売り込んだ後、ショートカバーに動いた。  12月きりの清算値は7.75セント高の416.25セント。月間ベースでは3.3%高と、2カ月連続で上昇した。  世界的に潤沢な穀物供給が上げ幅を制限する一方、月末のポジション調整があった。  カンザスシティー商品取引所(KCBT)の硬質赤色冬小麦、ミネアポリス穀物取引所(MGEX)の春小麦も上昇したが、上げ幅はシカゴ商品取引所(CBOT)より小さかった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.75
NYMEX金先物 8月限 1504.6 -4.6
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0254
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 92.7 +1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0