穀物市場 | 2016年12月23日 08:43 JST

〔シカゴ小麦〕4日続落=テクニカルな売りで(22日)

 4営業日続落。米農務省が発表した週間輸出成約高が予想を下回ったことを受け、テクニカルな売りが出る中、3週間ぶりの安値を付けた。  3月きりの清算値は2.50セント安の397.00セント。1日に一時付けた約定最安値の393.00セントを試す展開になった。  世界の潤沢な供給や米国産小麦へのさえない需要が相場の重しになった。米中部の温暖な気候で、凍結被害の可能性も小さくなった。  米農務省によると、米国産小麦の週間輸出成約高は29万7800トンと、予想レンジ(30万~50万トン)をわずかに下回った。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.47 -0.05
NYMEX金先物 5月限 1254.8 -5.1
NYMEXプラチナ先物 6月限 948.8 -5.5
NYMEXガソリン 5月限 1.6614 +0.0076
WTI ・・・ 51.07 +0
LME銅先物 3ヶ月 5703.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1938.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9395.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 369.5 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 948.25 +1
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.1 -1.15
CRB商品指数 ポイント 185.0557 +0