穀物市場 | 2017年03月10日 15:51 JST

〔東京穀物〕コーン、期中以降が反落=一般大豆は期先が軟調(10日)

 トウモロコシは、期中・期先4限月が反落。終値は、中心限月2018年3月先ぎりが前日比160円安の2万2630円、ほかが100~200円安。日中立ち会いは、前日のシカゴ・トウモロコシ相場が米農務省需給報告を受けて下落したことから、売りが先行して始まった。その後は、為替の変動が予想される米雇用統計の発表を控え、様子見ムードが強まり、小幅な値動きとなった。  一般大豆は、期先3限月が軟調。シカゴ安を映し、18年2月先ぎりが280円安の5万0190円、10、12月きりが400~510円安で大引けた。ほかは、6、8月きりが変わらず、4月当ぎりは出合いがなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51 +0.38
NYMEX金先物 12月限 1243.7 +4.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 782.1 +0.6
NYMEXガソリン 12月限 1.4189 +0.0135
WTI ・・・ 51.02 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.75 +2
シカゴコーヒー ・・・ 100.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0