穀物市場 | 2017年03月17日 06:42 JST

〔シカゴ大豆〕9日ぶり反発=テクニカルな買い(16日)

 反発。前日まで8営業日続落したのを受け、テクニカル要因による買いが入った。  5月きりの清算値は、3.50セント高の1001.50セント。今週、992セントと4カ月ぶり安値を付けていた。  ブラジルでの記録的な豊作予想に加え、米国での作付け拡大が重しとなり、上げ幅は限られた。  米農務省が発表した週間輸出成約高によると、旧穀は47万1600トンと市場予想に一致。新穀は22万5800トンと予想を上回った。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.62 -0.63
NYMEX金先物 5月限 1262.1 +2.4
NYMEXプラチナ先物 5月限 946.1 +0.3
NYMEXガソリン 4月限 1.5903 -0.04
WTI ・・・ 49.19 +0
LME銅先物 3ヶ月 5706.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1963.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9320.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 359 +1.75
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 127.65 -0.5
CRB商品指数 ポイント 181.7076 +0