穀物市場 | 2017年03月17日 14:08 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、緩やかに戻り試す展開へ=北辰物産・甲地氏

 甲地芳章・北辰物産オンライン事業部部長=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は、緩やかに戻りを試す展開が続くと予想している。予想レンジは360~372セント。  3月前半のトウモロコシ相場は、ドル高の進行に加えて、米農務省が3月需給報告で世界全体の期末在庫予測を上方修正したことから、下げが続いた。ただ、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果、外為市場では過度な利上げ観測の修正が進み、ドルは下落した。ドル下落を背景に、トウモロコシは360セント付近でいったん下げ止まった感じを受ける。今後は、月初からの下げ幅に対する「半値戻し(372セント近辺)水準」を目指す展開になるだろう。  もっとも、米農務省が月末に発表する四半期在庫については、かなり高い水準と予想されている。これが相場の戻り歩調を緩やかなものにしそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.04 -0.63
NYMEX金先物 10月限 1279.9 +6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 921.9 +1.3
NYMEXガソリン 10月限 1.6429 +0.0025
WTI ・・・ 52 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 984.25 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 126.85 +2.55
CRB商品指数 ポイント 183.9923 +0