穀物市場 | 2017年04月20日 06:37 JST

〔シカゴ大豆〕3日ぶり反発=安値拾いや買い戻しで(19日)

 3日ぶりに反発。安値拾いの買いが入ったほか、アルゼンチン産をめぐる懸念を背景に買い戻しが入った。  清算値は、5月きりが4.25セント高の950.25セント、7月きりが4.25セント高の960.50セント。  アルゼンチン産の収穫は予想を下回る見通し。アナリストによれば、ブラジルの農家は、相場が低水準にとどまっているために大豆を引き続き手放さずにいる。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.62 -0.24
NYMEX金先物 5月限 1262.1 +4.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 948.5 +0
NYMEXガソリン 4月限 1.5903 -0.0099
WTI ・・・ 49.19 +0
LME銅先物 3ヶ月 5706.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1963.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9320.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 359 +1
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 -0.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 128.15 +0
CRB商品指数 ポイント 181.7076 +0