穀物市場 | 2017年06月28日 16:01 JST

〔東京穀物〕コーン、シカゴ高と円安受け7日ぶり反発=大豆はまちまち(28日)

 トウモロコシは7営業日ぶりに反発。終値は、2018年7月先ぎりが前日比100円高の2万1570円、ほかが30~190円高。日中立ち会いは、27日のシカゴ相場が続伸したほか、為替の円安・ドル高を受け、買いが先行して始まった。ただ、その後は決め手材料に乏しい中、戻り売りに頭を押さえられた。  一般大豆は、期先がまちまち。18年6月先ぎりが200円高の4万6260円、18年2、4月きりが500円安~110円高で取引を終えた。10、12月きりは変わらず。8月当ぎりは出合いがなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.78 +0.02
NYMEX金先物 8月限 1276.9 +6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 974.5 +8.8
NYMEXガソリン 8月限 1.5638 +0.0019
WTI ・・・ 46.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 921.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 130.95 +0
CRB商品指数 ポイント 176.3051 +0