穀物市場 | 2017年07月13日 11:15 JST

〔東京穀物〕コーン、シカゴ安眺め下げ拡大=大豆は期先が軟調(13日午前)

 トウモロコシは下げ幅拡大。午前11時現在、2018年7月先ぎりは前日比460円安の2万2590円、ほかが390~540円安。日中立ち会いは、12日のシカゴ相場が7月の米農産物需給報告の弱気な内容を背景に下落した流れを引き継ぎ、続落して始まった。その後もシカゴ相場の弱地合いを眺め、水準を切り下げている。  一般大豆は期先が軟調。取引中のシカゴ安を映し、18年6月先ぎりが790円安の4万9870円、18年4月きりは1020円安の出合い。期近・期中は約定していない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.71
NYMEX金先物 8月限 1260 +8.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +8.9
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0335
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +5
シカゴコーヒー ・・・ 137.85 +1.9
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0