穀物市場 | 2017年07月14日 06:32 JST

〔シカゴ大豆〕続落=テクニカルな売り、米中西部の天気予報受け(13日)

 続落。テクニカルな売りが出たほか、米中西部の作物にあまり打撃を与えない天気予報が相場を圧迫した。  8月きりの清算値は45.25セント安の975.50セント。新穀11月きりの清算値は46.50セント安の987.50セント。  アイオワ州とイリノイ州を含む中西部のコーンベルトの一部には今週十分な降雨があり、来週は気温の低下が予想されている。  12日発表された7月の需給報告で、2016~17年度、17~18年度の世界の大豆期末在庫見通しと17年の米国大豆生産予想がそれぞれ引き上げられたことを市場は引き続き消化していた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.56
NYMEX金先物 8月限 1260 +8
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +9.1
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0273
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +5
シカゴコーヒー ・・・ 137.85 +1.9
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0