穀物市場 | 2017年07月14日 06:34 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕大幅続落=良好な天気予報で(13日)

 大幅続落。3%余り下落し、約2週間ぶり安値を付けた。来週の気温見通しが米トウモロコシの生育により好ましいと受け止められた。  清算値は9月きりが15.75セント安の369.75セント、12月きりも15.75セント安の383.00セント。  12日発表された7月の需給報告で、世界のトウモロコシ在庫見通しが高水準だったことを受けて、相場は2日連続で大幅下落した。  12月きりは2日間で7%超下げ、これは1年超ぶりの高い下落率。  天気予報では来週中西部は気温が若干低下する見込みで、収穫高を決める受粉期にあるトウモロコシの作物には好都合とみられる。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.03
NYMEX金先物 8月限 1260 +5.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +6.8
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0059
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 -1.5
シカゴコーヒー ・・・ 137.55 +1.6
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0