穀物市場 | 2017年08月10日 12:00 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、上値切り上げる展開か=岡安商事・玉川氏

 玉川博一・岡安商事法人部法人デリバリー課長=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は、上値を切り上げる展開になるとみている。10日発表の米農産物需給報告で、2017~18年度の米国産トウモロコシのイールド(単位面積当たり収量)が引き下げられると予想されているためだ。現在385セント前後で推移している中心限月12月きりの予想レンジは385~405セント。  シカゴ相場は天候相場特有の値動きになっている。7月に入って高温・乾燥予報を受けて急騰したものの、降雨予報で値を消した。シルキングはほぼ終了したが、昨年のような豊作が期待できる状況ではない。  米農務省のクロップ・プログレスによると、トウモロコシの作柄状況は「優」「良」の占める割合が6日現在で60%と、約1カ月間で8ポイント悪化しており、前年同期を14ポイントも下回っている。  8月の需給報告に関するロイター通信の市場調査では、イールドの予想平均が1エーカー当たり166.2ブッシェルと、7月の需給報告(170.7ブッシェル)を大幅に下回った。INTL・FCストーンは162.8ブッシェルと予想するなど主要な調査会社もかなり低い数字を示しており、期末在庫の大幅な減少につながる可能性がある。(了)  ※18日は休信、次回配信は25日になります。 [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.51 +0.16
NYMEX金先物 8月限 1285.7 +1.9
NYMEXプラチナ先物 9月限 980.7 +0
NYMEXガソリン 8月限 1.624 -0.0091
WTI ・・・ 48.54 +0
シカゴコーン ・・・ 352 -3
シカゴ大豆 ・・・ 937.5 -6.5
シカゴコーヒー ・・・ 128.45 +0.4
CRB商品指数 ポイント 177.4971 +0