穀物市場 | 2017年10月12日 06:36 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕続落=テクニカルな売りで(11日)

 続落。米農務省の需給統計公表を12日に控え、テクニカルな売りや、ポジション調整による売りが出て、1カ月ぶりの安値を付けた。  12月きりの清算値は3.25セント安の346.00セント。一時345.50セントと、9月12日以来の安値を付けた。  アナリストらは需給報告で、米国産トウモロコシの単収は上方修正される一方、2017~18年度の期末在庫が縮小すると予想している。  米農務省は11日、トウモロコシの作柄で「良」「優良」の割合を64%と、前週の63%から引き上げた。シーズン終わりでは珍しい改善だが、一部アナリストは単収増のシグナルとみている。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.46 +0.99
NYMEX金先物 8月限 1224 +7
NYMEXプラチナ先物 7月限 800.6 +25.9
NYMEXガソリン 7月限 2.0435 +0.0267
WTI ・・・ 69.37 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +3.75
シカゴ大豆 ・・・ 846 +5
シカゴコーヒー ・・・ 111 +2.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0