穀物市場 | 2017年10月13日 06:40 JST

〔シカゴ大豆〕反発=農務省の生産見通し下方修正で(12日)

 反発し、2カ月半ぶりの高値を付けた。米農務省がこの日発表した農産物需給報告で、米国産大豆の生産量見通しを下方修正したのが支援材料。  11月きりの清算値は26.75セント高の992.00セント。  米農務省は2017~18年度の米大豆の単収を49.5ブッシェルと、前月予想の49.9ブッシェルから引き下げた。これはロイター通信がまとめた市場予想(50.0ブッシェル)を下回る水準。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 +0.66
NYMEX金先物 12月限 1245.2 -3.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +3.7
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 +0.01
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 336.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 982.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 121 +0.4
CRB商品指数 ポイント 185.0158 +0