穀物市場 | 2017年12月06日 15:57 JST

〔東京穀物〕コーン、軟調=シカゴの堅調眺め下げ渋る(6日)

 トウモロコシは総じて軟調。2018年11月先ぎりが前日比30円安の2万1720円で取引を終えた。ほかは、5月きりの50円高を除き、10~60円安。1月当ぎりは出合いがなかった。めぼしい材料が見当たらない中、小口の売りが先行して始まったが、その後は、シカゴ相場の堅調を眺め、下げ渋った。  一般大豆は、18年10月先ぎりが110円安の4万8070円と続落。ほかは、変わらず~210円高。期近2限月は取引が成立しなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.79
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 +0.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0201
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0