穀物市場 | 2017年12月07日 06:40 JST

〔シカゴ大豆〕反落=テクニカル要因(6日)

 反落。4カ月ぶりの高値を付けたことで、テクニカル要因の売りが誘発された。  1月きりの清算値は5.75セント安の1002.75セント。前日の高値、1015セントの水準は突破できなかった。  大豆相場は週初2日間は、アルゼンチンでの乾燥した天候でイールド(単位面積当たり収量)が低下するとの観測から上昇した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.8
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0209
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0