穀物市場 | 2017年12月08日 08:34 JST

〔関西コメ市況〕富山と福井のコシ、100円高=総じて取引落ち着く(8日)

 スポット市場は、富山と福井のコシヒカリがともに前週末比100円高。売り唱えの中心値は、富山が1万5800円、福井は1万5500円だった。富山コシは徐々に1万6000円に近づいており、同じ北陸の新潟一般コシ(1万6300円)との価格が縮小している。  他銘柄は、佐賀ヒヨクモチが値上がりし、100円高の1万3500円。  ただ、全般に積極的な売買は手控えられ、落ち着いた取引だ。仲買業者によれば、年末を控えて大半の業者が在庫手当てを終えたほか、2018年に入ってからの価格動向を見極めたいとのムードが強まっているという。  実需筋は「17年産米の価格水準は総じて既に高い。コメの売れ行きが必ずしも好調でない中、さらに値上がりする可能性については一部で懐疑的な見方が出ている」と話している。  【堂島コメ標準品銘柄の現物、先物価格】(カッコ内は前週末比、三重と滋賀は2等級、先物は前日終値)  新潟一般コシ1万6300円(変わらず)▽三重コシ1万5000円(変わらず)▽滋賀コシ1万5100円(変わらず)  新潟コシ当ぎり1万5800円/新潟コシ先ぎり1万5250円  大阪当ぎり1万5010円/大阪先ぎり1万5200円(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0