������������ | 2017年12月28日 06:30 JST

〔シカゴ小麦〕反発=ショートカバーや、寒冷天候懸念で(27日)

 反発。買い戻しが入ったほか、厳しい寒さにより米プレーンズの冬小麦に打撃が及ぶとの懸念が支援材料となった。  3月きりの清算値は5.75セント高の428.00セント。  一時はマイナス圏に沈んだが、トレーダーが年末を前にポジション調整を始め、プラスに転じた。  ワールドウェザー社は顧客向けメモで、プレーンズの小麦産地では31日と1月1日に寒さが最も厳しくなり、穀物はウインターキル(枯死)のリスクにさらされると予想した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.21 +0.13
NYMEX金先物 8月限 1500.4 -2.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 856.8 -1
NYMEXガソリン 8月限 1.6644 +0.0016
WTI ・・・ 56.19 +0
シカゴコーン ・・・ 365 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 854 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.3 +0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0