穀物市場 | 2018年01月13日 08:23 JST

〔シカゴ小麦〕大幅続落=需給報告を嫌気(12日)

 大幅続落。約3%安と、昨年8月以来の大幅な下げとなった。この日発表の米需給報告で、予想を上回る作付面積が示されたことが嫌気された。  需給報告によると、2018年の米冬小麦の推定作付面積は3260万8000エーカーと、アナリスト予想の3010万~3200万エーカーを上回った。  3月きりの清算値は12.75セント安の420.50セント。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.2 +0.03
NYMEX金先物 12月限 1237 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 785.3 -0.8
NYMEXガソリン 12月限 1.4343 +0.0013
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.75 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 900.5 +4
シカゴコーヒー ・・・ 97.65 +0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0