穀物市場 | 2018年02月09日 11:48 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、しっかりか=サンワード貿易・植村氏

 サンワード貿易営業部コンシェルジュの植村和久氏=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は、しっかりで推移するとみている。8日発表の米需給報告が強い内容になったことなどが背景。中心限月3月きりの予想レンジは360~375セント。  需給報告では、2017~18年度の米国産トウモロコシの輸出高が1億2500万ブッシェル上方修正された。また、同年度のアルゼンチンの生産高は300万トン下方修正されており、干ばつの影響が意識されている。世界全体の生産高も引き下げられた。  アルゼンチンではトラック業者がストに入り、穀物の荷積み作業に遅れが出ており、強材料視されそうだ。ブラジル国家食糧供給公社(Conab)が17~18年度の同国トウモロコシの生産見通しを下方修正したことも支援材料になり得る。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +1.09
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +4.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 847 +2.2
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0133
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 -2
シカゴコーヒー ・・・ 111.35 +0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0